前へ
次へ

リノベーションに対する補助金

建物に対する工事を行う時は、専門業者に依頼することになります。
それだけに工事はまとまったお金が必要な事も多いですが、リノベーションも例外ではありません。
建物の面積が比較的広い時などは、数百万円ぐらいになる事もあります。
大規模な工事が行われれば、1000万円を超える事もありますから、その費用を気にしている方も少なくありません。
ところで各市区町村には、お金の補助制度があります。
建物に対する工事が行われた時には、市区町村に対して申請手続きを行いますと、かかったお金の一部が支払われるケースもあります。
あくまでも「一部」が支払われるのであり、全額ではありません。
しかし比較的大きなお金が支払われる事も多いですし、なるべく費用を節約したい時は自治体に申請してみる方が良いでしょう。
基本的には役所の窓口に行って、申請の手続きを進める事になります。
例えばある自治体の場合は、住み心地を良くするための工事を行った方に対しては、300万円前後の補助金が支払われます。
ただし「全て」の工事が対象になる訳ではなく、補助金には一定の条件もありますが、それでもお金の一部が補助されるのは助かるという声も多いです。
そうかと思えば、別の自治体にも補助金の制度があって、それにも条件はあります。
かかった費用の半分程度のみ支払われる事になりますが、それでも200万円程度は補助されますから、その自治体で申請手続きを行っている方も多いです。

毎月の高い家賃を払うのはもううんざり
格安の賃貸なら東京シェアハウスで探しましょう

戸建てリノベーションもお任せください
リノベーションのことはTリノベにお任せください

家具を揃える必要なしの賃貸物件

貸し工場 大阪

無料で住宅ローンなど
資金計画に関するお手伝いもしています
し、借り入れ先の銀行はお客様が自由に選ぶことができるので自分の希望に合わせてローンも組めます。

ただしリノベーションに関する補助金を申請する時は、タイミングには注意する必要があります。
たいていの自治体では申請の基準を決めていて、決められた日までに手続きを済ませる必要があります。
例えば申請期限が4月末の補助金の場合は、たとえ5月に申請の手続きを行ったとしても、お金が支給される訳ではありません。
早めに手続きを済ませる必要があります。
なおリノベーションに関する申請期限は、たいてい各市区町村の公式サイトに明記されています。
ですから費用が気になる時は、まず公式サイトに目を通しておくと良いでしょう。

Page Top